• 2016. 5. 27 金曜日

日本湿地学会2016年度大会(中海・宍道湖)開催案内

今年度の大会は,「ラムサールシンポジウム2016 -中海・宍道湖-」とのジョイントで開催するため(http://www.ramsar2016.org/),通常とは違った構成となり,発表と総会は島根県松江市で開催し,懇親会(交流会)とジョイントシンポジウムは鳥取県米子市で開催します.

(1) 会期

平成28年8月27日(土)・28日(日)

(2) 会場

発表と総会:島根大学教養1号館101教室(松江市)
 会場までの交通アクセスやキャンパス内の位置などについては,島根大学のホーム
ページ(http://www.shimane-u.ac.jp/)をご参照願います.
エクスカーション:バスで宍道湖西岸にある宍道湖自然館ゴビウスと野鳥公園宍道湖
グリーンパークを見学し,その後JR松江駅とJR米子駅を経由して,懇親会会場
にバスで向かいます(http://www.gobius.jp/http://www.green-f.or.jp/green1.html).
懇親会(交流会)とジョイントシンポジウム:ANAホテル(米子市)(http://www.anahotel-yonago.com/

(3) プログラム

8月27日(土)島根大学教養1号館101教室
 08:30 開場・受付開始
 09:00-11:30 口頭発表
 11:30-12:00 総会
 12:00-13:00 昼食
 13:00-14:00 口頭・ポスター発表
 14:15-18:00 エクスカーション
  14:15 島根大学発
  14:45 宍道湖自然館ゴビウス着
  15:00-16:30 ゴビウス,宍道湖グリーンパーク見学
  16:30 宍道湖自然館ゴビウス発
  18:00 JR松江駅,JR米子駅経由ANAホテル着
  19:00 懇親会(交流会)
8月28日(日)ANAホテル
  09:30-10:00 ラムサールシンポジウム開会式
  10:00-10:45 ゲスト講演(ルー大柴)
  10:55-12:45 中海・宍道湖セッション(5団体の発表)

(4) 宿泊施設

 松江市と米子市には駅周辺に多くのホテルがありますので,下記サイトなど参考に,各自で予約をお願い致します.その際には,大会初日と2日目の会場が異なることを考慮願います.JR松江駅-JR米子駅間は普通・快速列車で所要時間およそ30分,料金500円です.大会の会期が夏休み中の週末に当たりますので,早めの予約をお奨めします.
 松江市観光協会:http://www.kankou-matsue.jp/
 米子市観光協会:http://www.yonago-navi.jp/

(5) 交通

 飛行機利用の方は米子鬼太郎空港(ANA系)と出雲縁結び空港(JAL系)の2つの空港が利用可能です.松江市は2つの空港の中間にありますが,米子市には米子鬼太郎空港が便利です.

(6) お問い合せ先

学会事務局:牛山克巳(宮島沼水鳥・湿地センター)mwwc@dune.ocn.ne.jp
大会事務局:國井秀伸(島根大学汽水域研究センター)kunii@soc.shimane-u.ac.jp

日本湿地学会2016年度大会(中海・宍道湖)参加・発表申込のご案内

1)参加申し込み

大会参加希望者は,下記の項目をEmail本文に記入し,タイトルに氏名を明記のうえ,下記アドレス宛にメールして下さい.大会事務局から受領確認メールを返信しますので,それをもって受付確認とします.
申し込み先アドレス: kunii@soc.shimane-u.ac.jp
Emailのタイトル:「2016湿地学会大会参加申込(申込者氏名)」

参加申し込み本文項目:
———————————————
1. 氏名(ふりがな) : 
2.Emailアドレス :
3.電話番号     : 
4.会員ステータス  : 一般(会員・非会員)・学生
5.懇親会(交流会) : 参加  ・ 不参加
6.エクスカーション : 参加  ・ 不参加
7.発表の有無     : あり(口頭・ポスター)・なし
なお,発表の時間が限られていますので,口頭発表の申し込みが多かった場合には,ポスター発表への変更を大会事務局からお願いすることもあります.
———————————————

2)発表申し込み

発表を希望される方は,参加申し込み時に次の項目についても追記願います(実際の発表者となられる方のみがご記入下さい).大会発表は学会員に限りますが,共同講演者に非会員を含むことは可能です.
———————————————
1. 発表題目
2. 発表者氏名(所属)(連名の場合は,発表者の左に○印をつける)
———————————————

3)締め切り

大会参加と発表申込締め切り: 7月15日(金)
要旨提出締め切り:7月29日(金)
 ※お申し込み頂いた方には事務局から受付完了の連絡を差し上げます.

4)参加費

すべての参加費は,当日会場にて申し受けます.なお,大会事務局ではラムサールシンポジウム2016にも参加される方の学会の参加費割引を検討中です.

———————————————
大 会 :一般(会員・非会員) ¥2,000・¥2,500、学生 ¥1,000
懇親会:一般,学生ともに¥5,000
エクスカーション: 一般,学生ともに¥3,000
ジョイントシンポジウム: 無料
———————————————
※ラムサールシンポジウム2016に参加し、懇親会にも参加する場合は、ラムサールシンポジウム2016の参加費と懇親会費をラムサールシンポジウム2016実行委員会事務局に事前にお支払ください。

5)発表要旨

 下記の要領により作成し,大会事務局まで期限内に添付ファイルで送って下さい.

  • 講演要旨は,「wet-abst2016」を参考として作成して下さい.
  • 要旨は,原則A4版1ページ(上下左右のマージンは30mmとして,38文字38行)に収まるようにして下さい.題目(和文+英文),発表者名+所属(和文+英文)そしてメールアドレスをまず中央揃いで書き,そのあと1行空けて本文を開始して下さい.
  • 図・写真なども入れて構いませんが,原則としてすべて白黒となります.
  • 原稿は,基本的にMSワードで作成し,doc(またはdocx)形式およびpdf形式の2つのファイルを添付ファイルでお送り下さい.それぞれのファイル容量は原則1Mb以内として下さい.

6)口頭発表方法

  1. 一般講演は,発表時間(10分),質疑応答,交代時間を含めて15分です.パソコ
    ンの切り替えやファイルの立ち上げに要する時間も発表時間枠に含めます.
  2. 会場にWindowsパソコンを用意します.スムーズなセッション進行のため,会
    場備え付けのパソコンを利用下さい.
  3. PowerPointのほか,PDFでも発表可能です.

Comments are closed.