• 2016. 5. 16 月曜日

湿 地 研 究

Vol. 6 No. 1  2016 年3月

目  次

巻頭言

  名執芳博:日本湿地学会とNGO ・・・1

原著論文

  山下博美:干潟再生に対するリスク・ベネフィット言説:有明海諫早湾干拓潮受け
        堤防排水門「開門」をケースに ・・・3

宮島沼特集(研究ノート)

  石井 聡・中村隆光・岡部 聡:宮島沼周辺の環境水における病原細菌の挙動 ・・・19

  平澤孝介・山田浩之・木塚俊和・中村雅子・牛山克巳:宮島沼飛来マガン排泄物か
        らの栄養塩類の溶出 ・・・25

宮島沼特集(原著論文)

  木塚俊和・中村雅子・牛山克巳・山田浩之:収支の計算残差を用いた渡り性水鳥に
        よる過栄養湖への栄養塩負荷量の推定 ・・・33

現地報告

  佐伯いく代・早川武宏・酒井千裕・平泉智子・村上哲明:名古屋市東山植物園にお
        ける絶滅危惧植物ハナノキの生息域外保全活動-保存個体の遺伝情報の解析- ・・・49         訂正 ― PDF

トピックス

  中村大輔・中村玲子・武者孝幸・中村秀次・中村聡子・安藤元一・川嶋宗継:ラム
        サールセンターが進める湿地環境教育「KODOMO ラムサール」 ・・・57
  谷本晋一郎:フィリピン国ボホール州におけるサンゴ礁の管理 ・・・65

トピックス(ラムサール会議報告)

  辻田香織:ラムサール条約第12回締約国会議の結果について ・・・69
  菊地義勝:第12 回ラムサール条約会議(プンタデル・エステ)に参加して ・・・73
  柏木 実:第12 回ラムサール条約締約国会議に参加して~ラムサール条約と地域
      NGO ~ ・・・77
  佐々木美貴:ラムサール条約第12 回締約国会議でのNGO 等の活動について ・・・83
  笹川孝一:日本湿地学会としての取り組みを始める時期~「湿地の管理」を問う
      「文化」~ ・・・87

トピックス(ラムサールサイト紹介)

  会田 済・石井和浩:関東唯一の汽水湖「涸沼(ひぬま)」 ・・・93
  山本嘉光:ラムサール条約登録湿地「芳ヶ平湿地群」について ・・・97
  倉持直幸:日本一のシギ・チドリ類の飛来地 ラムサール条約湿地 東よか干潟の
      保全とワイズユース ・・・101
  鹿島市役所 建設環境部 ラムサール条約推進室:ラムサール条約湿地「肥前鹿島
      干潟」に関する紹介と鹿島市の取り組み ・・・107

書  評

  高田雅之編,辻井達一・岡田 操・高田雅之著「湿地の博物誌」:白井 隆 ・・・111

  森 和紀・佐藤芳徳著「図説 日本の湖」:三上英敏 ・・・113

会  告

  日本湿地学会第7回大会報告 ・・・115
  特別シンポジウムのご報告 ・・・119
   日本湿地学会 会則 ・・・121
   日本湿地学会誌『湿地研究』刊行・投稿規定 ・・・125
   日本湿地学会誌『湿地研究』執筆要領 ・・・128

「※会則、刊行・投稿規程、執筆要領は、左側メニューにあるリンクから最新版を参照ください」


Wetland Research

Vol.6 No.1, March 2016
Contents

Preface
 Yoshihiro NATORI: Japan Wetlands Society and NGO (Wetland International Japan)・・・ 1

Original Article

Hiromi YAMASHITA: Discourses on ‘Benefits’ and ‘Risks’ of a Tidal Flat Restoration
Plan: Ear1y findings from the Isahaya Bay case in Japan・・・ 3

Special Issue of Miyajimanuma (Research Note)
Satoshi ISHII, Takamitsu NAKAMURA, Satoshi OKABE: Occurrence of
pathogenic bacteria in Miyajimanuma water environments・・・ 19
Kosuke HlRASAWA, Hiroyuki YAMADA, Toshikazu KIZUKA, Masako NAKAMURA,
Katsumi USHIYAMA: Nutrients leaching from greater white-fronted
goose (Anser albifrons) excretion in Lake Miyajima-numa・・・ 25

Special Issue of Miyajimanuma (Original Article)
Toshikazu KIZUKA, Masako NAKAMURA, Katsumi USHIYAMA, Hiroyuki YAMADA:
Contribution of migratory waterfowl to nutrient loading in a hypereutrophic lake
estimated as the residual in a mass balance model・・・ 33

Field Report
Ikuyo SAEKI, Takehiro HAYAKAWA, Kazuhiro SAKAI, Satoko HlRAIZUMI,
Noriaki MURAKAMI: Ex-situ conservation of endangered Japanese red
maple (Acer pycnanthum) in Higashiyama Zoo and Botanical Gardens,
Nagoya City: Genetic analyses of conserved individuals・・・ 49

Topix
Daisuke NAKAMURA, Reiko NAKAMURA, Takayuki MUSHA,
Hidetsugu NAKAMURA, Satoko NAKAMURA, Motokazu ANDO,
Munetsugu KAWASHIMA: Wetland Environmental Education “KODOMO
Ramsar” promoted by Ramsar Center Japan・・・ 57
Shinichiro TANIMOTO: Management of coral reef at Bohol, Philippines・・・ 65

Topix (COP of the Ramsar Convention)
Kaori TSUJITA: Short report of Ramsar COP12・・・ 69
Yoshikatsu KIKUCHI: Participating in Ramsar COP12 (Punta del Este)・・・ 73
Minoru KASHIWAGI: Participating in the Ramsar COP12 - Ramsar and Local NGOs・・・ 77
Miki SASAKI: About activity of NGOs in Ramsar COP12・・・ 83
Koichi SASAGAWA: A Proposal of Setting up “Wetland Culture Network” in Japan
Wetland Society (JAWS)・・・ 87

Topix (Ramsar sites)
Wataru AITA, Kazuhiro ISHII: “Hinuma”, the only one brackish lake in Kanto
district, Japan・・・ 93
Yoshimitsu YAMAMOTO: About “Yoshigadaira Wetlands” as Ramsar wetlands・・・ 97
Naoyuki KURAMOCHI: Important winter home of snipes and plovers in Japan:
Conservation and wise use of “Higashiyoka-higata”・・・ 101
Ramsar Convention Promotion Office, Department of Construction and Environment,
Kashima City: Introductions on “Hizen Kashima-higata” and efforts for
conservationby Kashima City・・・ 107

Book Review
Takashi SHIRAI: “Natural History of Wetland” Edited by Masayuki TAKADA and by
Tatsuichi TSUJII, Misao OKADA, Masayuki TAKADA・・・ 111
Hidetoshi MIKAMI: “Visual guide for Japanese Lake” by Kazunori MORI and
Yoshitoku SATO・・・ 113

Announcements from the Society
Report on 7th Symposium of JAWS・・・ 115
Report on Special Symposium of JAWS・・・ 119
Regulation of JAWS・・・ 121
Specifications for submitting articles・・・ 125
Instructions for the authors・・・ 128

Comments are closed.