Author Archive

Author:
• 火曜日, 9月 03rd, 2019
Author:
• 月曜日, 7月 22nd, 2019

日本湿地学会第11回(2019年度)大会(習志野市谷津干潟)開催案内

(1) 開催日程および会場

□ 期間  2019年9月7日(土)~9月8日(日)
□ 会場  習志野市谷津干潟自然観察センター(千葉県習志野市秋津5-1-1)
http://www.seibu-la.co.jp/yatsuhigata/
□ 主催  日本湿地学会・習志野市谷津干潟自然観察センター
□ 後援  環境省

(2) プログラム

大会プログラム(詳細)&発表要旨
9月7日(土)
09:00 開場・受付開始
09:30~09:40 開会挨拶
09:45~11:45 口頭研究発表①
11:45~12:20 昼食・ポスターセッション
12:20~12:50 総会
13:00~14:15  口頭研究発表②
14:30~16:50 特別セッション「観察センター25年の歩みと谷津干潟の今後について」
14:30~15:15 第Ⅰ部
報告1「国指定谷津鳥獣保護区の保全に向けた取り組み」
報告2「谷津干潟の環境変化~国指定谷津鳥獣保護区保全事業による調査結果を基に~」
報告3「水鳥の採餌環境改善に向けた対策~堆積物除去等による干潟の干出時間・干出面積減少の抑制~」
15:15~16:00 第Ⅱ部
報告1「観察センターの取り組みと課題」
報告2「CEPAとワイズユース」
16:00~16:50 総合討論
16:50     特別セッション終了
17:30     送迎バスで懇親会会場へ移動
18:00~20:00 懇親会 会場:サッポロビール千葉ビール園

9月8日(日)
谷津干潟体験と東京湾を考える
午前 谷津干潟体験(定員あり・先着順)
09:00 集合、順次着替え
09:20  干潟立ち入り、アヒル島へ移動
09:40  潮干狩り開始
10:20  撤収
10:40  センター着、胴長洗浄
11:00  終了

11:00~12:45 部会・昼食

13:00~15:30
一般公開特別シンポジウム「東京湾の魅力を知ろう~楽しい未来を考える~」

(3) 参加・発表申込について

<参加費・懇親会費>すべての参加費は、当日会場にて申し受けます。

参加費種別 種別 金額
大会参加費 一般会員 2,000円
学生会員 1,000円
非会員 2,500円
懇親会参加費 一般会員 5,000円
学生会員 5,000円

 

<参加・発表申込>
大会に参加・発表希望者は、事前に大会参加登録をしていただきます。
申込フォームに必要事項を入力・送信してください。
フォームでエラーが起きる方は、エクセルファイルをダウンロードして、メールで送信してください。
大会事務局から受領確認メールを返信しますので、それをもって受付確認とします。

参加・発表申込締め切り 8月9日(金曜日)18時
発表要旨データ送付締め切り 8月23日(金曜日)18時
・大会発表は学会員に限ります(共同講演者に非会員を含むことは可とする。)

<発表要旨>
下記の要領により作成し、大会事務局の要旨受取担当まで期限内に、メールにて添付ファイルを送ってください。

  1. 要旨は、「wet-abst2019(wordファイル)wet-abst2019(pdfファイル)」を参考し作成してください。
  2. 要旨は,原則A4版1ページ(上下左右のマージンは30mmとして、38文字38行)に収まるようにしてください。題目(和文+英文)、発表者名+所属(和文+英文)そしてメールアドレスをまず中央揃いで書き、そのあと1行空けて本文を開始してください。
  3. 原稿は、基本的にMSワードで作成し、doc(またはdocx)形式およびpdf形式の2つのファイルを添付ファイルでお送り下さい。それぞれのファイル容量は原則1Mb以内として下さい。

<口頭発表方法>

  • 発表時間(12分)、質疑応答(3分)、交代時間を含めて15分を予定しています。
  • 会場にWindowsパソコンを用意します。スムーズなセッション進行のため、会場備え付けのパソコンを利用ください(発表資料データの移しは、原則として当日の9:00~9:30又は各セッション間の休憩時間にて行ってください。)
  • PowerPointのほか、PDFでも発表可能です。

<ポスター発表>

  • ポスター発表の展示スペースは、1件につきA0サイズを予定しています。(縦:1,189 mm×横:841mm、模造紙サイズ<1,090mm×790mm>も可)
  • ポスター発表希望者は、口頭発表と同様に申込フォームに必要事項を入力・送信してください。
  • 発表者は学会員で、1人1件に限ります。なお口頭発表との重複発表はできません

(4) その他

センターの食堂には席に限りがあるので、昼食持参をお勧めします。近くにコンビニはありません。

(5) 申し込み・問い合わせ先

大会参加申込・発表要旨の送付先
田開 寛太郎<E-mail:k.tabiraki◎gmail.com>(◎を@に変えてください)

日本湿地学会 第11回(2019年度)大会 現地実行委員会事務局
習志野市谷津干潟自然観察センター
芝原 達也 電話:047-454-8416

日本湿地学会 学会事務局
佐々木 美貴<E-mail:info◎j-wetlands.jp>(◎を@に変えてください)

Author:
• 金曜日, 6月 28th, 2019

Revised Jan 2015
Revised 1st Sep 2018
Revised 21st Oct 2018
Revised 16th June 2019

Submission Guidelines for Wetland Reseach

1. Structure of Manuscript to be Submitted
A manuscript to be submitted should be structured as follows:
1) Information sheet for submission
2) Main text
3) References
4) Figures (including titles and descriptions)
5) Tables (including titles and descriptions)

2. Information Sheet for Submission
The information sheet for submission (ISS) should include all of the following items:
I. For peer-reviewed articles (“Original Articles,” “Practical Research,” “Review Articles,” “Research Notes”)
1) Type of article
2) Title in English
3) Title in Japanese
4) Author name in English (Wetland Society membership status should be mentioned – “yes or no”)
5) Author name in Japanese (if applicable)
6) Corresponding author contact details (full mailing address, phone number, e-mail address)
7) Corresponding author contact details in Japanese, if applicable (full mailing address, phone number, e-mail address)
8) Affiliation name in English
9) Affiliation name in Japanese (if applicable)
10) Abstract in English (required for “Original Articles,” optional for “Practical Research,” “Review Articles,” “Research Notes”)
11) Abstract in Japanese (required for “Original Articles,” optional for “Practical Research,” “Review Articles,” “Research Notes”)
12) Keywords in English (about five keywords; required for “Original Articles,” optional for “Practical Research,” “Review Articles,” “Research Notes”)
13) Keywords in Japanese (about five keywords; required for “Original Articles,” optional for “Practical Research,” “Review Articles,” “Research Notes”)
The text of the Japanese abstract should be no more than 400 words, and the English abstract should be no longer than 300 words. Since the abstract is sometimes handled independently from the main text, clauses, terms, formulas, and charts in the text should not be cited. Also, do not use uncommon abbreviations, symbols, and terminology without defining them. Please refer to “3. Main text” regarding notations and usage of punctuation marks, numbers, organism names, and units.

II. For non-peer-reviewed articles (“Case Introduction,” “Topics,” “Book Review,” “Announcements from the Society,” “Others”)
1) Type of the article
2) Title in English
3) Title in Japanese
4) Author name in English
5) Author name in Japanese (if applicable)
6) Corresponding author contact details (full mailing address, phone number, e-mail address)
7) Corresponding author contact details in Japanese, if applicable (full mailing address, phone number, e-mail address)
8) Affiliation name in English
9) Affiliation name in Japanese (if applicable)

3. Main Text
The manuscript should be formatted on A4-size paper with 12-point font and about 30 lines per page. Page margins should be set to around 3 cm on both sides (left/right) and for the top and bottom. Add line numbers and page numbers continuously (do not restart numbering on each page). In addition, one page of the printed article is roughly equivalent to 600 words. Punctuation marks are “,” “.”, and the use of kana should be based on modern kana orthography. Use Arabic numerals and place a comma for every three digits. When you use Japanese biological names or English names, you must include a scientific name (italic notation) at first mention. For Japanese biological names, use katakana.
Units should follow the International System of Units (SI).
Headings of chapters, subchapters, and sections are as follows:
Chapter 1, 2, 3, …
Subchapter 1.1, 1.2, …, 2.1, …
Section 1.1.1, 1.1.2, …

4. Guidelines for Citations
When quoting literature in the text, follow the examples below. When quoting from different papers written by the same author in the same year, sequential lowercase letters beginning with “a” should be added after the issue year to distinguish between them. In the case of multiple authors (three or more), only the first author should be noted, and the remaining authors should be described by using “et al.” for English papers. When quoting a website, if the author or the announcement year is clear, it should be written down. Otherwise, write down the website administrator name so that it can be checked against the reference list. The term “in press” is used only when the paper is accepted. For unaccepted papers, “unpublished” should be noted in the text but not in the reference list.
Example 1: According to Sato and Kobayashi (2008) …, Mitsch (2007) and Yamada et al. (2010) ….
Example 2: … reported (Sato et al. 2007, Kato and Obama 1998).
Example 3: … reported (Sato 2006a, ABC Prefecture ABC Department a, ABC Prefecture ABC Department b).
Example 4: … reported (Sato 2006b, Kobayashi in press, ABC Ministry 2003).

5. How to Write the Reference List
In the list of cited references, the literature should be listed in alphabetical order based on the authors’ last names without grouping them based on type of publication (i.e., articles, books, etc.). In the case of articles with the same author, they should be arranged in numerical order based on the year of issue and should be put together at the end of the text. Each type of literature is described according to the following examples. If possible, also include the DOI (digital object identifier). In the case of a website, write the URL and access date.

Journals
Hussain SA, Singh RK, Badola R (2008) An ecological survey of the Trans-Himalayan wetlands of the proposed Changthang Biosphere Reserve, India, for conservation planning, Biosphere Conservation, 9 (1), 53-63.
Nohara S, Kato H, Takamura N, Mikami H (1999) Present state of aquatic plants in Lake Towada – from the results of 1997 survey, National Institute for Environmental Studies Research Report, 146, 49-54. (in Japanese with English Abstract)

Yabe (in press) Study on change of … of wetland. Wetland Research.

Books
Kurechi M (2006) Wandering across the wild geese. Doubutsu-sya (in Japanese).
Mitsch WJ, Gosselink JG (2007) Wetlands 5th ed. John Wiley & Sons Inc.

Chapters or Volumes
Maltby E (1991) Wetlands and their Values. Wetlands (ed. Finlaysonn M, Moser M), 8-26. Facts On File Limited.
Okada M (2007) Uryunuma Wetlands, Wetlands in Hokkaido (edited by Tatsuichi T, Okada M, Takada M), 76-79. Hokkaido Shimbun (in Japanese).

Reports and Similar Publications
ABC Ministry ABC Bureau (2003) Heisei 14 ABC Review business report (ABC Ministry ABC Bureau ABC office, ABC, Heisei 15 March).

Websites
Ministry of ABC (2003) Aggregation result on Japanese ABC. <http: //www.xxxx.yyyy/zz.html>(Accessed on April 17, 2005).
ABC Prefecture ABC a, Current status of animals and plants in the ABC prefecture. <http: //www.aaaa.bbbbb.cccc/shokubutu.pdf> (Accessed on December 10, 2008).
ABC Department ABC b, Changes of wetlands in the ABC prefecture. <http: //www.aaaa.bbbbb.cccc/shicchi.pdf> (Accessed on December 10, 2008).

Even in the case of references for which the method described above is difficult to apply, information on the author name, publication time, title, publication place, publisher, etc. should be provided as much as possible so that readers can find such references.

6. Notes on Copyrights Related to Citations
When quoting other authors’ works such as texts and diagrams, the authors are responsible for obtaining permission from the copyright owner(s) in advance.

7. Figures and Tables
The figures (including pictures) and tables should not be incorporated in the text but included as separate documents for each figure and table. Each table should be adjusted to the appropriate size to print on one page. For tables beyond one page, divide each of them into two or more tables. Clear figure/table files should be submitted on the assumption that the horizontal width dimension of printed figures/tables will be approximately 7 cm or 15 cm.
Figures and tables should be labeled sequentially using Arabic numbers (i.e. Fig. 1, Fig. 2; Table 1, Table 2, etc.). In figures and tables, explanatory notes that can be understood, even without reading titles and texts, should be added.

Insert a blank line before and after the point where the figure/table is inserted, as shown below.

Fig.1 Insert place

8. Submissions
Before submitting your manuscript, please make sure all items of “1. Structure of Manuscript to be Submitted” from 1) to 5) are contained in one PDF file in that order. Ensure that the file size does not exceed 5 MB. Generally, all manuscripts should be submitted by e-mail, but we also accept electronic media (CD-ROM etc.) sent by postal mail.

9. Submission Address / Inquiries
The manuscript will be sent to the Editorial Board at the address below. When submitting via e-mail, please write “Wetland Research Manuscript Submission ABC” (ABC is the corresponding author’s surname) in the subject line.

Prof. Kazuo Yabe, Japan Wetland Society Editorial Board
Faculty of Design, Sapporo City University
Geijutsu-no-mori 1, Minami-ku, Sapporo, Hokkaido, 005-0864, JAPAN
E-mail address: journal (a) j-wetlands.jp
※ In order to prevent unsolicited e-mails, the notation above has been changed. Please replace (a) with @.

10. Proofreading
English
If you are submitting as a non-English speaker, be sure to have your English text proofread/reviewed by a native speaker and submit a certificate of English review.

Japanese abstract
Regarding the Japanese abstract for “Original Articles,” (if any Japanese abstract for “Practical Research,” “Review Articles,” “Research Notes”) you may also be required to submit a certificate of Japanese review.

11. Other
Since these guidelines may be revised, please refer to the latest version published on the Japan Wetland Society website (http://www.j-wetlands.jp/wetlands/). Additionally, for matters not stipulated in the guidelines, please contact the Editorial Board.

Category: Submission Guidelines, 会誌 湿地研究  | Comments off
Author:
• 金曜日, 6月 28th, 2019

Revised Aug 2016
Revised 21st Oct 2018
Revised 16th June 2019

Japan Wetland Society Publication Guidelines

1. Journal Name and Aim
The Japan Wetland Society issues Wetland Research as an official publication usually once a year. The establishment philosophy of the Society widely welcomes diverse academic fields, entities, and study objects. In order to follow the philosophy, this journal aims to recognize the scientific and objective value that has not yet necessarily been captured in the evaluation axis of the academic field. It also aims to widely publish the information thought to be useful for members of the Society and the general public.

2. Article Types
The types of articles that Wetland Research publishes are listed below. Articles for publication in Wetland Research should contribute to the Society’s aims and are limited to only those previously unpublished. In addition, other article types can be published only if the editorial committee allows.
“Original Article” (Peer-reviewed article)
“Practical Research” (Peer-reviewed article)
“Review Article” (Peer-reviewed article)
“Research Note” (Peer-reviewed article)
“Case Introduction” (Non-peer reviewed article)
“Topics” (Non-peer reviewed article)
“Book Review” (Non-peer reviewed article)
“Announcement from the Society” (Non-peer reviewed article)
“Others” (Non-peer reviewed article)

2.1. Original Article
These articles should show new knowledge and technology in contrast to existing knowledge and technology systems and must include considerations and conclusions on issues/hypotheses. A maximum of 16 pages is acceptable.

2.2. Practical Research
Describe the process or innovations leading to the solution for social and practical issues related to wetlands. Although there is no requirement for comparisons against existing knowledge and technology systems, it will be useful information for people who work on similar issues. A maximum of 16 pages is acceptable.

2.3. Review Article
Organize and explain published facts and research trends on a set theme. Present information including a general overview of the current situation, new viewpoints, and future prospects. A maximum of 16 pages is acceptable.

2.4. Research Note
Even if the information given in the paper is not enough to be recognized as an Original Article or Practical Research, it is still worth publishing. For example, examining or describing one of many phenomena to be tested for hypothesis verification or problem solving, those whose accumulation of knowledge is important and whose contents should be scrutinized after the peer review process (e.g., observation record of distribution, ecology, morphology of organism, etc.), and reports and evaluations related to cases (activities, policies, etc.) that are worthy of public disclosure in terms of dissemination. A maximum of 8 pages is acceptable.

2.5. Case Introduction
Introduction of surveys and activities, introduction of domestic and overseas trends and efforts, introduction of collected materials/data, and other similar topics. A maximum of 6 pages is acceptable.

2.6. Topics
Report on conference hosting or participation, travel story, and other similar topics. A maximum of 6 pages is acceptable.

2.7. Book Review, Society Announcement, Other Non-Peer-Reviewed Articles
Book reviews, announcements from the Society, and other articles that the editorial committee allows for publication other than article types 2.1 to 2.6.

3. Special Feature
In Wetland Research, a “Special Feature” that collects multiple articles according to specific topics can be published.

3.1. Proposal for “Special Feature”
Members of the Society can propose a “Special Feature” to the editorial committee. The proposer is required to send the theme and main goal of the “Special Feature,” the type of each article, the title, the prospective author (it is desirable to obtain his/her consent), and the schedule to the submission address specified in the Submission Guidelines.

3.2. Article for Special Feature
Manuscripts submitted as articles for the “Special Feature” are handled in the same manner as articles described in 2. Article Types.

4. Language
Japanese or American English.

5. Copyright
The copyright of the articles published in Wetland Research belongs to the Japan Wetland Society. One has to obtain permission from the editorial committee in advance if he/she intends to copy or use the whole or a part of the published article in other publications in a format such as reprints.

6. Release
The Society will release articles on the Internet.

7. Eligibility
At least one of the authors of the submitted manuscripts shall be a member of the Society. In addition, after obtaining the editorial committee’s permission, non-members are also allowed to submit articles.

8. Manuscript Guideline
Submitted manuscripts must follow the Submission Guidelines for Wetland Research.

9. Submission and Response from the Committee
Manuscript submission is based on electronic posting. The manuscript must be submitted with a “information sheet for submission” to the address specified in the Submission Guidelines. After receiving the manuscript, the editorial committee will promptly respond to the submitter.

10. Manuscript Review Process
The editorial committee arranges appropriate reviewers to review certain types of articles. Reviews are done according to a “Reviewer Guideline.” When the review result is a revision, the committee will notify the author of the decision. When the result is rejection, the committee will notify the author and explain the reason. If the manuscript is not revised by the specified deadline, it may be regarded as canceled.

11. Proofreading
Only the first version is proofread by the author. After receiving the notification that the first proofing is required, the author should promptly proofread it and send it back to the editorial committee by the designated deadline. The author is not allowed to add, delete, or change any texts, figures, or tables when proofing.

12. Submission Fee
There is no fee for manuscript submission and article publishing. There is no reward for publishing. If the author wishes to prepress or print in color, the actual cost will be borne by the author. The author may need to pay the costs of excessive pages.

13. Revision of these Guidelines
The editorial committee is in charge of the revision of these guidelines and needs to obtain approval from the elected committee before revising any part of these guidelines.

Category: Publication Guidelines, 会誌 湿地研究  | Comments off
Author:
• 日曜日, 6月 16th, 2019

湿地学会会誌『湿地研究』執筆要領

2015年1月 改定
2018年9月1日改定
2018年10月21日改正
2019年6月16日改正

1.   投稿原稿の構成
投稿原稿の構成は次のとおりとします.
1) 投稿票
2) 本文
3) 引用文献リスト
4) 図(タイトルと説明文を含む)
5) 表(タイトルと説明文を含む)

2.   投稿票
投稿票には以下の内容を記すこと.
①査読付き論文(「原著論文」,「実践研究」,「総説」,「研究ノート」)の場合
1)  掲載記事の種類
2)  和文表題
3)  英文表題
4)  和文著者名
湿地学会会員,非会員の別を併記のこと.
5)  英文著者名
6)  連絡対応著者の氏名と連絡先(所在地,電話番号,メールアドレス)
7)  和文所属機関名
8)  英文所属機関名
9)  和文要旨
10) 英文要旨(「原著論文」のみ必須,「実践研究」,「研究ノート」,「総説」については任意)
11) 和文キーワード(5 つ程度)
12) 英文キーワード(5 つ程度,「原著論文」のみ必須,「実践研究」,「研究ノート」,「総説」については任意) 和文要旨は全角400字以内,英文要旨は300words以内とする.要旨は独立して扱われることがあるため,本文中の節・項,式,図表を引用してはならない.また一般的でない略記法,記号,術語は 定義せずに使用しないこと.句読点,仮名づかい,数字・生物名・単位の表記法・使用法については,3.本文についての要領に準ずること.

②査読無し記事(「事例紹介」,「トピックス」,「書評」,「会告」,「その他査読なし記事」)の場合
1) 掲載記事の種類
2) 和文表題
3) 英文表題
4) 和文著者名
5) 英文著者名
6) 連絡対応著者の氏名と連絡先(所在地,電話番号,メールアドレス)
7) 和文所属機関名

 3.    本文
原稿は,12ポイント程度の文字,1ページあたり30行程度,A4版の用紙に印刷できるようにする.上下左右には3cm程度の余白を設ける.行番号・ページ番号を通してつける(行番号はページ毎に振りなおさず,最後のページの最終行まで一連の番号をつける).なお刷りあがりの1ページは概ね全角2,200字に相当する.
句読点は「,」「.」(全角)とし,仮名づかいは現代仮名づかいを基本とする.数字はアラビア数字を用い,3桁ごとにコンマを入れる.生物和名はカタカナを用い,報文の場合には初出箇所に学名(イタリック表記)を併記すること.なお学名の命名者名の記載は任意とする.
単位は国際単位系(SI単位)を用いる.
章・節・項の見出しは下記のようにする.
章 1., 2., 3., …
節 1.1, 1.2, …, 2.1, …
項 1.1.1, 1.1.2, …

4.   引用文献の書き方
本文中で文献を引用する際は,以下の例のように記述する.同じ著者が同一年に発表した異なる文献を引用する場合は,発行年の後ろにa, b, c,…を付して区別できるようにする.著者が複数にわたる場合,3名以上のときは第一著者のみを記し,残りの著者は和文の場合には「ら」,英文の場合には“et al.”とする.ウェブサイトを引用する場合も,著者や発表年が明確な場合にはそれを記す.著者・発表年が不明瞭な場合も,サイト管理者名を引用文献リストと照合できるよう記載する.印刷中(英文の場合 in press)という用語は,その論文が受理されている場合にのみ使用し,未受理の場合には本文中で「未発表」と記し,引用文献リストには記さない.

例1:佐藤・小林(2008)によれば…,また Yamada et al.( 2010) は,….
例2:…と報告している(佐藤ら 2007, Kato and Obama 1998).
例3:…と報告している(佐藤 2006a,●▲県○○部a, ●▲県○○部b).
例4:…と報告している(佐藤 2006b, 小林 印刷中,●●省 2003).

5.   引用文献リストの書き方
引用文献リストは,和文・英文の文献を論文・単行本などの別なく混在させて,著者の姓の頭文字のアルファベット順に,また同一著者の場合は発行年順に並べ,本文の最後にまとめる.各文献は以下の例にしたがって記載する.可能な場合にはDOI(Digital Object Identifier)も併記する.ウェブサイトの場合には,URLと参照日を記す.

雑誌
Hussain SA, Singh RK, Badola R(2008) An ecological survey of the Trans-Himalayan wetlands of the proposed Changthang Biosphere Reserve, India, for conservation planning. Biosphere Conservation, 9(1),53-63.
野原精一・加藤秀男・高村典子・三上一(1999) 十和田湖の水生植物の現状- 1997年の調査結果から-,国立環境研究所研究報告,146,49-54.
○■▼△(印刷中)湿地の…の変化に関する研究,湿地研究.

書籍
呉地正行(2006)雁よ渡れ.どうぶつ社.
Mitsch WJ, Gosselink JG(2007) Wetlands 5th ed. John Wiley & Sons Inc.

章または分冊
Maltby E(1991) Wetlands and their Values. Wetlands(ed. Finlaysonn M, Moser M),8-26. Facts On File Limited.
岡田操(2007)雨竜沼湿原.北海道の湿原(辻井達一・岡田操・高田雅之編著),76-79. 北海道新聞社.

報告書等
○△省○■局(2003)平成14年度○○検討業務報告書(○△省○■局△○事務所,株式会社△▼ ,平成15年3月).

ウェブサイト
○○省(2003)日本の▼■についての集計結果.<http://www.xxxx.yyyy/zz.html>(参照2005年4月17日)
●▲県○○部a,●▲県の動植物の現状.<http://www.aaaa.bbbbb.cccc/shokubutu.pdf>(参照2008年12月10日)
●▲県○○部b,●▲県の湿地の変遷.<http://www.aaaa.bbbbb.cccc/shicchi.pdf>(参照2008 年12月10日)

上に示した記載方法が取りにくい資料の場合も,著者名,出版時期,タイトル,出版地,出版元などに関する情報を可能な範囲で記載し,読者による参照が可能なようにする.

6.   引用等に関連する著作権に関する注意
原稿中に他の著者による文章や図表等を引用する場合は,投稿者の責任において事前に著作権者から了解を得ること.

7.   図表
図(写真を含む)および表は,本文中に組み込まず1つずつ別紙に書く.1つの表は1ページに印刷できる大きさとする.1ページを越える表については2 つ以上に分割すること.図表は刷り上がり時の横幅寸法がほぼ7cmまたは15cmとなることを想定して,明瞭な原稿を提出すること.
図と表はそれぞれ,Fig. 1,Table 1のように通し番号を付けて表記する.図と表にはタイトルと本文を読まなくても理解できる程度の説明文を付ける.本文が和文の「原著論文」については,図表のタイトルと説明文は原則として和文と英文を併記すること.本文が和文の「実践研究」,「研究ノート」,「総説」については,英文の併記は投稿者の任意とする.
図表の本文挿入箇所を本文中に前後に空白行を入れたうえで,

Fig.1 挿入箇所

のように指示する.

8.   投稿時の提出物
投稿時には,1.投稿原稿の構成に指示する1)~ 5) をその順で1つのpdfファイルにまとめて提出する.ファイルサイズは5MBを超えないよう努めること.投稿は電子投稿を基本とするが,電子媒体(CD-ROM等)を同封した郵送も受け付ける.

9.   投稿先・問い合わせ
原稿は下記の編集委員会に送付する.投稿する際の電子メールにはタイトル欄(subject欄)に「湿地研究投稿原稿_ ○○」(○○は連絡対応著者の姓)と記す.
〒005-0864
北海道札幌市南区芸術の森1丁目
札幌市立大学デザイン学部 日本湿地学会誌編集委員会 矢部和夫
メールアドレス:journal(a)j-wetlands.jp
※迷惑メイル防止のため、表記を変えてあります。
(a)を半角@マークに置き換えて御利用ください

10.  英文校閲
英文で投稿する場合は事前に英文校閲(ネイティブスピーカーによる校閲)を必ず行い,英文校閲の証明書の提出を必須とする.「原著論文」の英文要旨については,同様の証明書の提出を求めることもある.

11.  その他
本要領は改訂されることがあるため,湿地学会ウェブサイトに掲載の最新の執筆要領を参照すること.また,本要領に定めのない事項に付いては,編集委員会に問い合わせること.

Category: 会誌 湿地研究, 執筆要領  | Comments off
Author:
• 月曜日, 8月 27th, 2018

日本湿地学会 2018年度大会(豊田市自然観察の森)開催案内

(1) 開催概要

□ 期間  2018年9月1日(土)~9月2日(日)
□ 会場  9月1日(土)豊田市自然観察の森NC(愛知県豊田市東山町4丁目1206-1)
      9月2日(日)矢並湿地(エクスカーションツアー:午前)と公開シンポジウム
□ 主催  日本湿地学会(第10回大会実行委員会)
□ 共催  豊田市自然観察の森
□ 協力  公益財団法人日本野鳥の会(日本湿地学会団体会員)

(2) 会場

会場:豊田市自然観察の森ネイチャーセンター(愛知県豊田市東山町4丁目1206-1)
交通案内:会場までの交通アクセスについては、
豊田市自然観察の森ホームページをご参照願います。

(3) プログラム

要旨集(ウェブ掲載版)

9月1日(土)
 09:30 会場・受付開始
 09:55~10:00 開会挨拶
 10:00~12:05 口頭研究発表
 12:05~12:45 昼食
 12:45~14:30 総会・10周年シンポジウム
 14:45~16:35 口頭発表及びユース発表
 16:40~17:20 ポスター発表
 ※発表数等によって時間変更があるかもしれませんので承知おき願います。
 ※バスNC発17:44→豊田市駅着18:01
 18:30~21:00 懇親会

9月2日(日)
ラムサール条約矢並湿地(東海丘陵湧水湿地群)でエクスカーション。
 09:45~10:00  豊田市自然観察の森NC受付(バス豊田市駅発9:17→森9:38着)
 10:00~ 矢並湿地見学
 12:00  豊田市自然観察の森NC
 昼食
 13:30~16:30 公開シンポジウム「湧水湿地の魅力とその重要性」

(4) 参加・発表申込について

<参加費・懇親会費>すべての参加費は、当日会場にて申し受けます。

参加費種別 種別 金額
大会参加費 一般会員 2,000円
学生会員 1,000円
非会員 2,500円
懇親会参加費 一般会員 4,500円
学生会員 3,000円

<参加・発表申込>※口頭発表は締め切りました
大会に参加・発表希望者は、事前に大会参加登録をしていただきます。
申込フォームに必要事項を入力・送信してください。
フォームでエラーが起きる方は、エクセルファイルをダウンロードして、メールで送信してください。
大会事務局から受領確認メールを返信しますので、それをもって受付確認とします。

参加・発表申込締め切り 7月13日(金曜日)18時
発表要旨データ送付締め切り 7月27日(金曜日)18時
・大会発表は学会員に限ります(共同講演者に非会員を含むことは可とする。)

<発表要旨>
下記の要領により作成し、大会事務局まで期限内に添付ファイルで送ってください。

  1. 要旨は、「wet-abst2018(wordファイル)wet-abst2018(pdfファイル)」を参考し作成してください。
  2. 要旨は,原則A4版1ページ(上下左右のマージンは30mmとして、38文字38行)に収まるようにしてください。題目(和文+英文)、発表者名+所属(和文+英文)そしてメールアドレスをまず中央揃いで書き、そのあと1行空けて本文を開始してください。
  3. 原稿は、基本的にMSワードで作成し、doc(またはdocx)形式およびpdf形式の2つのファイルを添付ファイルでお送り下さい。それぞれのファイル容量は原則1Mb以内として下さい。

<口頭発表方法>

  • 発表時間(12分)、質疑応答(3分)、交代時間を含めて15分を予定しています。
  • 会場にWindowsパソコンを用意します。スムーズなセッション進行のため、会場備え付けのパソコンを利用ください(発表資料データの移しは、原則として当日の9:30~9:55又は各セッション間の休憩時間にて行ってください。)
  • PowerPointのほか、PDFでも発表可能です。

<ポスター発表>

  • ポスター発表の展示スペースは、1件につきA0サイズを予定しています。(縦:1,189 mm×横:841mm、模造紙サイズ<1,090mm×790mm>も可)
  • ポスター発表希望者は、口頭発表と同様に申込フォームに必要事項を入力・送信してください。
  • 発表者は学会員で、1人1件に限ります。なお口頭発表との重複発表はできません

(5) その他

  1. ネイチャーセンターには、飲料自販機は1台ありますが、周辺を含めて食堂等はありません。5分ほど歩いたところにコンビニがあります。
  2. 近隣の駅(名鉄豊田市駅)周辺にホテルがありますので、各自で手配をお願いいたします。

(6) 問い合わせ先

日本湿地学会2018年度(第10回)大会 実行委員会事務局
〒471-0014 愛知県豊田市東山町4丁目-1206-1
 豊田市自然観察の森

 事務局長:川島賢治<E-mail:kenjikws◎wbsj.org>(◎を@に変えてください)
 大会委員長:富田啓介(愛知学院大学)
 実行委員長:大畑孝二(日本野鳥の会)
 監査:高田雅之(法政大学)

日本湿地学会 学会事務局
林博徳(九州大学)info◎j-wetlands.jp(◎を@に変えてください)

第10回日本湿地学会大会特別公開シンポジウム

「湧水湿地の魅力とその重要性」

■ 企画主旨
 湧水湿地の存在は、数年前までは全国的にはあまり認知されていなかった。2012年7月に東海丘陵湧水湿地群がラムサール条約湿地に登録され、その後湿地学会等での研究発表、環境省の重要湿地(改訂版)への網羅的な選定、「湿地研究」(8号)で特集が組まれるなど近年はその存在と評価が高まってきた。
 湧水湿地をラムサール条約湿地に持つ豊田市での大会に合わせ、東海地方を中心とした湧水湿地研究の最前線とその保全に関して研究者と共に広く市民に伝える。

■ 期間  2018年9月2日(日)13時30分~16時30分
■ 会場  豊田市自然観察の森NC(愛知県豊田市東山町4丁目1206-1)
■ 主催  日本湿地学会(第10回大会実行委員会)
■ 共催  豊田市自然観察の森
■ 協力  公益財団法人日本野鳥の会(日本湿地学会団体会員)、湧水湿地研究会
■ 開会挨拶 湿地学会長
■ 基調講演      
1、「湧水湿地を知り尽くす: 東海地方1,600箇所の踏査から見えるもの」
富田啓介(愛知学院大学講師・湧水湿地研究会会長)
■ 発表 
1、「湿地の昆虫の遺伝的多様性、ヒメタイコウチとハッチョウトンボ」
   南基泰氏(中部大学教授)
2、「湧水湿地のヒメヒカゲ-岐阜県東濃地方の動向」
   河合和幸氏(可児ネイチャークラブ)
3、「湧水湿地にみる自然の価値:中津川市岩屋堂のハナノキ自生地を例として」
   佐伯いく代氏(筑波大学准教授)
4、「葦毛湿原の湿地復元事業」
   贄 元洋氏(豊橋市文化財センター)
5、「東海丘陵要素の保護のためのガイドライン」
   秋山俊希氏(名古屋工業大学学生)・増田理子氏(名古屋工業大学教授)
6、「中国地方の湧水湿地の特徴とその保全:特にため池とかかわりのある湧水湿地について」
   下田路子氏(前常葉大学教授)

■ 会場との意見交換・質疑応答
■ 総括 

Author:
• 金曜日, 8月 10th, 2018
Category: 会誌 湿地研究, 各巻号の目次  | Comments off
Author:
• 金曜日, 8月 18th, 2017
Author:
• 水曜日, 7月 12th, 2017
Category: 会誌 湿地研究, 各巻号の目次  | Comments off
Author:
• 木曜日, 5月 25th, 2017

日本湿地学会 2017年度大会(東京農工大 府中キャンパス)開催案内

(1) 開催概要

□ 期間  2017年9月9日(土)
□ 会場  9月9日(土)東京農工大学 府中キャンパス
□ 主催  日本湿地学会(第9回大会実行委員会)

(2) 会場

会場:東京農工大学 府中キャンパス(東京都府中市幸町3-5-8) 本館
交通案内:会場までの交通アクセスについては、
東京農工大学ホームページをご参照願います。

(3) プログラム

9月9日(土) ※2017年8月17日更新
 08:30 会場・受付開始
 08:55~09:00 開会挨拶
 09:00~12:10 口頭研究発表
 12:10~12:40 総会
 13:15~13:45 ポスターセッション
 13:45~15:05 ユース企画(会場校企画)
 15:20~18:00 特別シンポジウム(会場校企画)
      タイトル:「湿地研究の発展方向について~『図説 日本の湿地』の刊行とその意義~」(予定)
 18:30~20:30 懇親会

今次大会ではエクスカーションツアーを設定しておりません。

(4) 参加・発表申込について

<参加費・懇親会費>すべての参加費は、当日会場にて申し受けます。

参加費種別 種別 金額
大会参加費 一般会員 2,000円
学生会員 1,000円
非会員 2,500円
親睦会参加費 一般、学生ともに 5,000円

<参加・発表申込>
大会に参加・発表希望者は、事前に大会参加登録をしていただきます。
申込フォームに必要事項を入力・送信してください。
大会事務局から受領確認メールを返信しますので、それをもって受付確認とします。

参加・発表申込締め切り 7月21日(金曜日)18時
発表要旨データ送付締め切り 8月4日(金曜日)18時
・大会発表は学会員に限ります(共同講演者に非会員を含むことは可とする。)

<発表要旨>
下記の要領により作成し、大会事務局まで期限内に添付ファイルで送ってください。

  1. 要旨は、「wet-abst2017」を参考し作成してください。
  2. 要旨は,原則A4版1ページ(上下左右のマージンは30mmとして、38文字38行)に収まるようにしてください。題目(和文+英文)、発表者名+所属(和文+英文)そしてメールアドレスをまず中央揃いで書き、そのあと1行空けて本文を開始してください。
  3. 原稿は、基本的にMSワードで作成し、doc(またはdocx)形式およびpdf形式の2つのファイルを添付ファイルでお送り下さい。それぞれのファイル容量は原則1Mb以内として下さい。

<口頭発表方法>

  • 発表時間(12分)、質疑応答(3分)、交代時間を含めて15分を予定しています。
  • 会場にWindowsパソコンを用意します。スムーズなセッション進行のため、会場備え付けのパソコンを利用ください(発表資料データの移しは、原則として当日の8:30~8:55又は各セッション間の休憩時間にて行ってください。)
  • PowerPointのほか、PDFでも発表可能です。

<ポスター発表>

  • ポスター発表の展示スペースは、1件につきA0サイズを予定しています。(縦:1,189 mm×横:841mm、模造紙サイズ<1,090mm×790mm>も可)
  • ポスター発表希望者は、口頭発表と同様に申込フォームに必要事項を入力・送信してください。
  • 発表者は学会員で、1人1件に限ります。なお口頭発表との重複発表はできません

(5) その他

  1. 大会中は、大学構内の食堂・購買(生協)はやっておりません。昼食は、事前にコンビニなどでご購入いただくか近隣の食事処に行っていただきますようお願いします。
  2. 近隣の駅(府中駅、国分寺駅)周辺にホテルがありますので、各自で手配をお願いいたします。

(6) 問い合わせ先

日本湿地学会2017年度(第9回)大会 実行委員会事務局
 〒183-8509東京都府中市幸町3-5-8 
東京農工大学 農学部 環境教育学研究室(朝岡幸彦研究室内)気付
田開 寛太郎<E-mail:k.tabiraki◎gmail.com>(◎を@に変えてください)

日本湿地学会 学会事務局
 牛山 克巳(宮島沼水鳥・湿地センター)<mwwc◎dune.ocn.ne.jp>(◎を@に変えてください)